カテゴリ:診療日誌( 118 )
明けましておめでとうございます
 平成28年、2016年が始まりました。
今年も気ままに書き綴って行こうと思いますので、思い出したら覗いてみてください!

今は24時を回って1月3日になりました。休みはあっという間ですね。
12月30日から休診でしたが、27日から風邪を引いちゃって文字通り寝正月です。

ちょっとした油断で風邪って引くもんですね。インフルの予防注射は済んでましたのでそっちではないですが。26日にMIGという勉強会の忘年会があって、久しぶりの友人たちも参加して楽しくお酒を飲み過ぎたらしく最後の記憶がないです。最後まで同席した奴の話では、朝の6時過ぎまでやってたそうです。 
・・・・・ 反省。

今年は「体力の強化」と、「プラス思考」をテーマに1年間頑張ってみようと思います。
そのへんは追々報告致します。

今年も宜しくお願い致します!!!

さあ、また寝ようっと。
[PR]
by tak-dc | 2016-01-03 00:19 | 診療日誌
メガネ
先週の土曜日からメガネをかけて診療しています。患者さんから「えっ、先生目が悪かったの?」と言われています。いつもはコンタクトレンズなのですが、木曜あたりから右眼に違和感があり、目ヤニがひどくて鏡を見たら白目が真っ赤でした。眼科の同級生に診てもらいに行ったら「結膜炎だね」と言われコンタクトは中止しました。実はひどい近視なので診療はメガネの方が近くを見るのには楽なことがわかりました。ただ、行き帰りのクルマの運転だけはコンタクトの方がずっと見やすいですが。
[PR]
by tak-dc | 2007-01-15 14:03 | 診療日誌
優勝しちゃったよ・・
 盛岡商業がとんでもないことをやってくれました。とかいうと昨今はすわスキャンダルかとなっちゃいますねぇ〜。サッカーの高校日本一です!まさか優勝するとは!たいへん失礼ですがこれこそ晴天の霹靂というのでしょうか?
 岩手県人のこれまでの県民性から行けば、先制された時点で半分あきらめたと思います。自分も高校、大学とヘボサッカー部員だったので。しかし彼らは違いました。後半40分すぎの体力の限界になってもあきらめず決勝点をもぎとりました。すばらしい気迫でした。ひさびさに感動して試合終了の瞬間は涙が出ちゃいましたよ。斉藤監督すばらしいです。おめでとう!
[PR]
by tak-dc | 2007-01-09 14:05 | 診療日誌
ホームページ
2004年の10月にこのホームページを立ち上げてまる2年が経過しました。早いものですね。このページにアクセス頂いた件数が昨年末でようやく1万件を突破いたしました。本当にありがとうございます。一方で市内の他の医院のカウンターを見ると、同じ頃に立ち上げて何と17万件という先生もおられます。私はリンクとかを貼っていなくて、ネットでの上位表示のノウハウもやっていないので少ないのかなぁとも思います。正直なところ多くの方に見ていただきたいとは思います。
 しかし嬉しいのは最近いらっしゃる新患の半数近くの方が「このHPを見て」と予診アンケートに書いてくださることです。HPは嘘偽り無く作っていますので、程度の差はあれ医院の治療方針に期待されて選択して頂いたのだと思っています。問題はある程度期待して来院された患者さんが、期待以上の「モノ」を感じて頂けているかだと思っています。正直に言えば診療の状況によっては充分な対応ができていないことが少なからずあると自覚しています。そう言うときはホントにまいります。でも2回目、3回目の来院でフォローをしているつもりですので、気がつかれたことがあれば何でも言ってください。
 今後さらに改善して行きたいと思っています。
[PR]
by tak-dc | 2007-01-06 20:06 | 診療日誌
謹賀新年
  皆様、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 今年も無事に新しい年を迎えることができました。昨年とちがって本当に暖かく穏やかなお正月です。これも温暖化の影響なのかと心配になりますが・・ということで今シーズンはまだスキーにも行っていません。
 年々時間の経つのが早く感じると年末に書きましたが、お正月の過ごし方も時代とともに変わっていくのですね。ボクが小学生ぐらいの頃は、羽子板や百人一首、カルタ取りをやった記憶があり、お婆ちゃんが酒粕で作ってくれた白酒が楽しみでした。そのころは6人家族でおせち料理を囲んでお雑煮を皆で食べた記憶がふと蘇ってきました。今は初売りが日本の文化になってしまった様な気がします。日本人の文化や情緒が年々薄れて行くのは仕方の無いことなのかと、思わず悲しくなってしまったのは私だけでしょうか?ともあれ、年の初めは気が引き締まる思いです。
[PR]
by tak-dc | 2007-01-02 08:10 | 診療日誌
よい年をお迎えください
当医院の診療は明日の午前中までです。午後は掃除をして忘年会の予定です。今年は先輩の岡村先生の医院と初めて合同で忘年会をすることにしました。
 しかし本当に年々月日の経つのが早く感じられます。来年こそは「いい年だったな」と思えるような1年にして行きたいと思います。とりあえずこの場を借りて今年の御礼を申し上げます。皆様も体調など崩されませんようによい年をお迎えください。
 今年1年ありがとうございました。
[PR]
by tak-dc | 2006-12-28 22:14 | 診療日誌
保険診療の矛盾について
 きのうは歯科医師会館で岩手社会保険事務局の係官が来て「平成18年度歯科集団指導」というのがありました。われわれ保険診療を行っているすべての開業医は、県からの許可を受けて医院を開業しています。保険診療では診療行為ごとすべてに料金が決まっていて(しかも他国と比べて著しく安い)、治療内容の合計金額の3割を患者さんから現金でいただき、残りの7割はレセプトという請求書を作って社会保険事務局へ請求する仕組みです。じゃあやれば何でも請求できるかと言うととんでもない話で「このときはいいけど、このときはダメ」と言うように、絶対覚えられないくらいの縛りが数限りなくあります。しかもそれは医学的におかしいことが多々あります。
 そのレセプトは患者さんごと1枚1枚事務局で審査され、縛りに通らないと「査定」といってお金が支払われません。さらには年に1回「個別指導」と言うものがあって、厚労省あるいは県の役人が各県で数名、医者を呼び出してカルテや模型、技工の指示書、日計表のごまかしが無いかを調べあげることになっています。問題はその選び方です。患者さん1人あたりの請求が多い医者上位5名というやり方です。きのう事務官の口からはっきりそう聞きました。請求が多いから何で指導に当たるんでしょうか?開業して間もなく患者さんが少ない医院は、時間が空いてるから治療する歯があれば当然治療回数が多くなって請求額も多くなると思います。これがなんでいけないんでしょうか?仕事をしなければ銀行からの借金を返せませんし、経営が成り立ちません。これは明らかに厚労省つまり政府が「萎縮診療」をしろと言っているのです。悪いところがあっても治療は適当にしとかないと罰を与えますよということです。私はすごく腹が立ちます。こんなんで良いと思いますか?
[PR]
by tak-dc | 2006-12-21 21:17 | 診療日誌
スタディーグループ
先週の土日、歯科界ではかなり有名なスタディーグループの例会に参加しに東京へ行ってきました。土曜日はインプラントでの上顎洞オペ治療のエキスパートの先生の講演があり、これまでの常識を超えた治療を発表して頂きました。日曜は9名の先生が症例を供覧され、熱心な質疑が行われて非常に勉強になりました。例会に参加して感じたのは、皆、知識と経験に基づいて自信をもって治療していること。さらにいろいろと考え工夫をして新しいことにチャレンジしていることでした。狭い自分の医院で毎日診療していると、自分としてはどうしても安全第一に終止してしまいがちです。これは医療の基本であると思いますが、患者さんにとってのBenefitと自分の技量を広げるために新たなことにチャレンジすることを忘れてはならないと強く感じて帰ってきました。
Club22の先生方、参加させていただきましてありがとうございました。
[PR]
by tak-dc | 2006-12-19 20:26 | 診療日誌
骨格
きのう久しぶりにアメリカ人の女性が治療にみえらえました。彼らはわれわれアジア系とは骨格が違います。当然頭部の骨格も違いがあり、白人は前後に深く,幅は狭いです。従って歯列のアーチも同じで白人は尖った様な放物線で歯が並んでいて日本人は緩やかな放物線です。奥深くて治療しずらいと思うかも知れませんが、彼らの方が大きく口を開けられるので治療はし易いです。しかも多少歯も大きく根も長いので病気に対しても有利にできているようです。ただし根が長い分麻酔は効きづらいので大変ですが。骨も厚いのでインプラントも楽なんだろうなぁと思いながら治療していました。
[PR]
by tak-dc | 2006-12-07 22:28 | 診療日誌
テツのこと・2
前回犬のことを書いたら、昨日のニュースで犬がガケに迷いこんで救出活動をしているというレポートがありました。そんな何を大げさなと思いましたが、映像を見たらものすごいガケというかコンクリートで固めたノリ面のかなり上の方で、どうやっても降りられそうもないところに何と!うちのテツくんと顔も背格好もそっくりの雑種の柴犬が写ってるではないですか!!あ〜〜かわいそう。誰か助けてと思わず思いました。柴の雑種なんて似ていて当たり前ですが、そいつは首輪もない捨て犬で生後数ヶ月ということでテツと同じ様な境遇なことも分かりました。発見されて5日目になるそうできっとすごく心細かったと思います。さっきYahoo!でレスキュー隊20人がかりで救出したということを知り、思わずウルっとしてしまいました。ありがとうレスキュー隊。ホントに良かったね!
[PR]
by tak-dc | 2006-11-22 20:30 | 診療日誌

患者さんの体験談、当医院の内外や盛岡市の出来事を不定期に更新しています。
by tak-dc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31