専門医
例によって久々にマジメな歯科の投稿しますね。

 先月半ばに岡山市にて日本口腔インプラント学会学術大会・総会というのがありまして、遠路はるばる行って参りました。これは全国にある6支部の地区別大会とは違って、本会と呼ばれる全国大会です。
何しに行ったかといえば、後楽園を見て岡山のブドウを買ってきました。じゃ〜〜なくて。インプラント専門医試験を受けるための1ステップとなる、ケースプレゼンテーション試験を受けてきました。
そして昨日正式な合格通知が届きました(まだ専門医ではないです)。ホッとしました。

 いろんな経緯から一昨年より「盛岡インプラントスタディーグループ」という勉強会の代表を努めさせて頂いています。代表という立場になってから、やはり特別な責任を感じていました。
「はい、私もインプラントを施術していますよ」「20年の経験がありますよ」じゃあ、何の説得力もないんです。他県のスタディーグループとの交流をしてみて、そのようなことを感じるようになりました。
 じゃあ、と言うことでいまさら57にもなって専門医を取得することを決意しました。代表になるまでは、全く考えてもいなかったんですが・・・。
 
 専門医ということは、どんな科・分野でもそうですが、その分野に於ける高度な専門的知識と技能を有してなければならないということです。従って資格を得るためのハードルは高いです。岩手県には大学に2名、開業医はわずか3名しか居りません。県民性なのかとは思いますが、岩手県の歯科開業医は600名以上居て、治療のレベルは決して低くはないのにそれしかいないのです。(自分も含め)ちなみに北海道は80名以上です。以下、青森10名・秋田10名・宮城10名・山形5名・福島6名です。これが関東以南になるとびっくりするくらい居られます。


 
 患者さん側から考えれば、やはり学会認定の専門医という資格が有ると無いでは、かなり安心感が違うのではないでしょうか。但し専門医やさらにその上の指導医という資格があっても???という先生がいらっしゃるのは残念ですが。逆に持っていなくても素晴らしい治療をなさる先生も沢山知っています。ですので、あくまで一般論と考えて下さいね。 

ここ数年でインプラントについてはかなりネガティブな報道や事件が多すぎました。安全に、安心してインプラント治療を受けて頂けるために、専門医資格は一つの目安にはなるかと思います。まだ一つのステップをクリアしただけですが、条件クリアして必ず資格を取り、その後は後輩たちにも資格取得を勧めていくつもりでいます。

 岡山市には初めて行きましたが、関西らしくない落ち着いた雰囲気の都会でした。路面電車が走っていて、街なかには日本3大名園の後楽園、岡山城などがあり、人も含めて盛岡に似ているなぁと感じました。ビックリしたのは1000km以上離れた岡山に、「盛岡冷麺」のお店があったことです。


f0125021_12433925.jpg

f0125021_19432749.jpg


f0125021_19414212.jpg

f0125021_2055860.jpg

f0125021_12504530.jpg

 
 
[PR]
# by tak-dc | 2015-10-27 19:44
出張と服装
 今年も無事に石割桜も開花しましたよっ! やっと春がきた盛岡ですが、朝晩はグッと冷え込みます。5度以下も普通です。明日の夜は日曜朝から「義歯」=「入れ歯」の研修会で東京出張です。

 こういう時期には特に「本州一寒い盛岡」と東京の気温差が激しいので、普段でさえ悩む着ていく服に困ります。スーツなら何も考えなくていいのですが、いわゆる平服となると暑すぎたり・寒かったりでマジに迷います。
以前3月初めに伊豆へゴルフをしに行った時は、盛岡は雪があるのに伊東市は半袖で十分でした。長袖やオーバーパンツは使われずに往復だけしてきました。また、11月に九州に行った時は「九州は暑い所」という先入観で薄着しか持っていかず、あまりの寒さに長崎でフリースを買いました。ホントに日本は縦に長いので難しいです。
 
 脱線しましたが、先週の金・土・日は青森・弘前市で講習会でした。こちらは今年いっぱい月一での「インプラント」の研修です。いい歳にもなって何ですが、「インプラント専門医」の資格取得を目指す事にしました。弘前市開業の梅原一浩先生のご好意もあり、その気になった次第です。
しかしながら私が思ったほど甘くはなくて、ケース発表・論文発表や学会・教育講座の単位取得などハードルが年々高くなっているそうです。この歳で今更試験を受けるとは思いませんでしたが、いい機会ですので改めて自分の臨床を振り返り、原点に学ぼうと思います(カッコ付けじゃなくて、マジで)。

 一般のかたが思うほど歯科の分野は狭くなく、入れ歯は入れ歯で人によって骨が少なかったり・吸着が悪かったりなど奥深くキリがなく、インプラントも然りです。他にも歯周病学(いわゆる歯周病)、咬合学(上下のかみ合わせ)、歯内療法学(歯の根の治療)、修復学(レジンの充填・セラミック審美・ホワイトニング?)、歯科矯正学(歯並び・噛み合わせ)、口腔外科学(抜歯や外科小手術・口腔がん)などなど多種多様です。そしてその分野ごとに「プロフェッショナル」が大勢いらして、我々はその一部でも学ぼうと講習会費や交通宿泊費をかけてあちこち出かけるわけです。時代とともに技術や器材は進歩しますから、学ぶ意欲がないと置いていかれます。これはどんな職業でも同じでしょう。ただ、こうした講習に全く興味のない先生もたくさん居るのも事実です。
 
 正にエンドレスです。しかし講習会に行くおかげで、講師の先生を含め日本の多くのドクターと知り合うことができています。

 まずは明日、頑張って行ってきます!

石が見えないけど 今年の「石割り桜」 4/24撮影
f0125021_14225987.jpg

手前の木は街路樹です。
[PR]
# by tak-dc | 2015-04-17 23:33
自動車=消耗品か?
 まだ気が早いのですが、5月には恒例の自動車税という納税通知が届きます。クルマに興味のない方にはすみません。自分はクルマが趣味でもあるので足用のジープと40年前のボロなクラシックカーを持っています。自動車税は排気量によって額が変わりますが、昔よりだいぶ値上がりしたと感じます。

 この税制で頭にくることがあります。40年前の私のクルマは日本で登録してからすでに19年にもなるお爺さんです。
 ここ日本の制度では登録から13年以降経過したクルマには「10%から20%の増税」というおかしな決まりがあるんです。自分の場合3000cc以下に該当するので、通常の51000円が56100円(2015)さらに61200円(2016〜)も支払うことになります。つまり、古い車はやめてエコカーという新車に買い替えなさいということなのだろうと思います。何故、古い車は邪魔者扱いなのですか?
良い物を長く使う事こそ「エコ」じゃないのでしょうか。
以下は日本自動車連盟(JAF)の資料です。
f0125021_19562317.jpg


 以下他のブログからの引用です。

>そしてもう1つ、自動車を単なる道具以上の存在として愛する全ての人間にとって残念な税制改悪、じゃなくて改正は、新車登録から11年〜13年が経過したクルマの重量税を現状よりも0.5トンあたり900円、13年〜18年のクルマは1,000円、増税するというもの。さらに「朝日新聞DIGITAL」によれば、自動車税も新車登録から13年以上が過ぎたクルマの場合、現在の10%増しから20%増しにする仕組みを、2016年度から取れ入れるという。(追記:12日に発表された「平成26年度税制改正大綱」では若干変更になりました)

この通りになれば、例えばFD型マツダ RX-7の最終モデルを大事に持っている人なら、2016年には自動車税が現在の3万9,500円から4万7,400円へ、重量税は車検時に2年分で2万4,600円から3万6,000円へ、納めなければならない税金の額が増えることになる。
 旧いクルマはどんどんスクラップにするか、あるいは廃車にして"置物"にしろ、ということか。旧車が文化遺産として認められ、免税などの優遇措置がある他の自動車先進国とはえらい違いである。
 スポーツカーやクラシックカーは兎も角としても、普通にアシとして1台のクルマに長く乗られている方だって多いだろう。
 環境に優しい新型車に乗り換えるのは結構なことではあるが、例えばJC08モード燃費8.9km/リッターに過ぎない「アルファード 350G」に適用される「エコカー減税50%」を、15年間「カリーナ」(1.8Siの5MT車なら10・15モード燃費18km/リッター)に乗り続けている人が納めた重量税の増額分で補うという仕組みは、どう考えてもおかしいのではないだろうか...?<


もう一つ別なブログから引用

>補足なんですがこの黒いナンバープレートにも深い意味がありましてイギリスでは1973年以前に生産された車にはすべて歴史的財産としての価値を陸運局が与えてくれる素晴らしい制度がありますねん。
f0125021_19505660.jpg

 簡単に言うと所有者に黒いナンバープレートを制作する権利が与えられます。でその黒プレートが付いてる車にはもろもろの税金が全て免除されるシステムになるというワケです。なのでクラシックカーの維持にかかる負担が非常に少なくなります。イギリスをはじめドイツやスイスなどの政府/陸運局は旧車の延命、保管に非常に積極的なので老夫婦がクラシックカーを颯爽とドライブする光景がヨーロッパでは頻繁に見れるわけでおます。日本にはこんな制度あるのかな?あったらいいけど。<


同じような古いクルマに対する優遇税制は、ドイツ・フランス・スイス他ヨーロッパでは当たり前の事のようです。残念ながら日本は全く逆の事をしています。ちなみに、ミシュランというタイヤメーカーは、古い車が当時履いていた各種のタイヤを不定期に復刻生産・販売しています。

 というように残念ながら日本ではクルマに「文化的価値」を見出していない、単なる消耗品の道具として捉えているのがよくわかります。悲しいことに日本では永久にこのままでしょうね。
[PR]
# by tak-dc | 2015-03-17 20:03
3.11
未だに信じられないような未曾有の大惨事から4年が過ぎました。

 震災による犠牲者は1万5千891人(岩手は4千673人)、行方不明者は2千584人だそうです(2015/3/11TV朝日)。その後の震災関連死者3千244人を合わせると、何と2万人を超える方が犠牲・行方不明となっています。2万人と言ってもピンと来ないので悪い例えですが、従業員2万人の大企業で言えば「マツダ」「関西電力」あたり。まるまる1社が消えたことになります。

 4年が経ち、復興に向けて被災地ではさぞ工事が進んでいると思いきや、復興予算の6割しか使われれていないとう言う状況だそうです。地区によっては僅かに4割というところもあるようです。復興住宅の土地確保や工事関係者の人手不足など様々な問題があるようですが。

 一方で「応急仮設住宅」というものは、災害救助法で入居期限が原則2年と記載されています。しかし驚くことにその倍の4年も経った現在、未だに8万人余りの方々が4畳半から8畳ちょっとのプレハブでの生活を強いられています。とっくに耐用年数が過ぎて様々な問題が起きています。復興予算が余っているのにです。さらに今後5年への仮設入居延長も一部では確定している様です。
 この際、国会議員や全国の県会議員、関係省庁の役員の方々にはぜひ仮設住宅への今後4年間の入居をお願いいたします。被災地への駆け足訪問とかではなく4年間住んでみてください。

 現実には労働力不足、建設資材・機材不足、用地取得や造成の難しさなど多くの難問があるとは重々承知です。
しかし災害発生後の1〜2年間に日本中の皆さんが支援してくれた時の熱意とスピード感はもはや蒸発してしまったのではないかと感じてしょうがありません。「被災者」という別枠の人種がいると区別されている気がします。

 話は変わって、「東京オリンピック」は一般の国民に希望を与えてくれると思いますが、敢えて今!日本でやるべきことなんでしょうか。福島第一原発の廃炉作業・被災地の復興にある程度の年月がかかり、復興のスケジュールが軌道に乗り、何より被災者が普通の日常生活に戻れた後に復興した日本を世界にアピールするのが本筋じゃないでしょうか。
 それらが置き去りにされて、見通しも立たないうちにオリンピックのために限られた人材や機材、資材が都心の整備に優先されているのが事実だと思います。

 震災直後に行った身元確認のためのご遺体の口腔内診査、避難所での応急歯科治療はついこの間のことです。避難所から仮設へ移っても将来が見えない状態は変わってないと思います。
 まずは国家の最優先事項として、復興住宅への入居を突貫工事ででもやるべきではないのでしょうか。

改めて亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。

f0125021_12535072.jpg
f0125021_12532857.jpg
  
f0125021_1250095.jpg
f0125021_12483570.jpg
f0125021_12462645.jpg

[PR]
# by tak-dc | 2015-03-11 12:51
白鳥さん、よい旅を・・・
f0125021_1565542.jpg
 白鳥と言っても、静岡のお友達の白鳥先生じゃあないです。

 盛岡には毎年冬に白鳥が多数飛来します。そう言うと雪のない地方の方からすれば、何かロマンチックな感じがするでしょうが。こっちでは厳しい冬の始まりを意味するのですよ、当地では。街ナカを流れる中津川や高松の池に佇む姿は愛らしいのですが、やっぱり北国での冬は鬼門です。マイナス10度とかいう世界は暮らしてみないと分かんないと思います。雪かきという重労働はうんざりしますから。

 ここ2週間ほど前から、冬の使者である白鳥さんたちが群れをなして北へ飛び立っています。日中の気温がプラスの日が続くと解るんでしょうね。やっと雪もほぼ消えてきて待ちに待った春がもう少しで到来です。

 知ってますか?白鳥の鳴き声は妙に物悲しく感じます。鳴きながら北へ飛んでいきます。
少ない群れでは6羽〜8羽がデルタ隊形、多い群れは20〜30羽で文字通りスワン隊形で飛んで行きます。よくまあ綺麗に並ぶものだと毎回感心しています。

写真はネットから拝借しました。ゴメンナサイ。
f0125021_1823569.jpg

[PR]
# by tak-dc | 2015-03-06 18:23
じゃじゃ麺だぁ〜〜〜!
白龍「パイロン」はたぶん20年ぶりぐらいか・・。

元祖じゃじゃ麺の「白龍」に行ってきました。
平日の昼時間を外して2時頃に本店へ。それでも空席はわずか。もっとも20席ぐらいの構えですが。

若い頃は食べきれなかった「大」を注文。だけど思ったより早く来た。
自分のレシピ?でラー油、にんにく、酢をかけてしっかり麺と混ぜ合わせる、どんな味になるか。この「間」が醍醐味だと思う。旨かった。

しばらくぶりの本家の味は記憶よりしょっぱかった。しかし、麺の茹で加減はさすが。
ここ数年で盛岡に多数繁殖した「じゃじゃ麺専門店」はどこも麺を茹で過ぎる。
味噌の味が濃いように感じた(オバさん入れすぎ?)けど、やっぱり本家の味はしっかりしていた。

 自分が初めてじゃじゃ麺に出会ったのは大学1年目。当時20歳だから almost40年前か。
創業者と思われる怖い爺さんが麺をゆでていて、見栄張って「大」を注文して食べ残すとモノスッごく怒られてた。「金は要らんから帰れ」と言われた奴がいた。

 当時は白龍しかじゃじゃ麺屋はなく、初めての時は不思議な食い物だった。その頃、白龍の向かいにあった「Power House」というサーフショップに入り浸っていた我々数人の不良大学生は、自然に中毒のように毎日白龍に通っていた。当時で4〜500円で腹一杯になる旨いものはじゃじゃ麺だった。
 そんなに混んでもいないくせに店員は概ね無愛想だった。親爺の影響か。(今日行ったら愛想が良くて面食らった)でも美味いので通ってた。にんにく臭くなっても構わなかった。

 その当時の仲間も東京や北海道の地元に帰ってしまった。たまに「白龍」のじゃじゃ麺を送ると、感激のメールが来る。やっぱり未だに中毒か?

 白龍に行かなくなったのは何故だろう。医院から500mもないのに。
朝の通勤時に観光客らしき人たちが土曜の朝9時から並んでいる。
何より営業時間が合わないのですよ。おそらく8時前に閉めてると思う。

飲み会の後に小腹が空いて無性にじゃじゃ麺が食いたくなる。その時は深夜1時までやってる「香ジャン」に行って満足。「白龍とは違うな」と思いながら。でもそれなりに充分美味いです。

地元人なら一度は食べてると思うじゃじゃ麺。僕は大好きです。
ただし「3回は食べないと美味いと思わないだろう」という食い物です。

久々のブログが「食い物」でしたね。失礼しました。

あ、写真なくてすんません。
[PR]
# by tak-dc | 2015-02-26 23:24