AED
ごく親しい知人に不幸なできごとがありました。

先週金曜の朝9時頃、大通りという街なかで「VF/心室細動」に襲われました。
出勤時にクルマに乗る直前だったようです。
通りの向かいにいた方が気づいてくれて、救急車を呼び、隊員の方がAEDを使用して蘇生してくださいました。が、その日は意識はもどらずCCUに入院しました。

以下、Wikipediaからの引用です。
「人間の脳は呼吸が止まってから4~6分で低酸素による不可逆的な状態に陥る。2分以内に心肺蘇生が開始された場合の救命率は90%程度であるが、4分では50%、5分では25%程度となる(ドリンカーの生存曲線、カーラーの救命曲線 双方の違いは鏡映しになっている事だけ)。したがって、救急隊到着までの数分間(5~6分)に「現場に居合わせた人、いわゆるバイスタンダーによる心肺蘇生」(バイスタンダーCPR)が行われるかどうかが救命率を大きく左右する。」
・・・とあり、倒れてから蘇生されるまで10分以上経っていたと思われたので、せめて命だけはと皆で祈っていました。祈るしかないのです、この場合。

それが何と!おとといあたりから反応が見られ、昨日ははっきりと意識が戻り、今日は経口食を食べようかというまでに回復してきています。バケモノだぁ〜〜〜!!!
こんなこともあるのですね。奇跡としか言いようがないです。
専門医にも説明がつかないこのような事例がまれにあるそうです。

軽々しく書く話ではないのですが、AEDの必要性を実感させられました。
医院には常備していますが、自宅やクルマにもAEDが必要なんじゃないかと思いました。

とにかくホッとしています。
[PR]
by tak-dc | 2009-10-30 18:56
<< インプラント学会 ヤマメ・イワナ >>

患者さんの体験談、当医院の内外や盛岡市の出来事を不定期に更新しています。
by tak-dc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30