人気ブログランキング |
<   2005年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
天気:晴れ
あと2日、皆様にとって2005年はどういう年だったでしょうか?
1年って終わってみればあっという間ですね。医院は昨日で診療を終わり今日は朝から大掃除をしています。今年お世話になりました多くの方々に御礼申し上げます。本当にありがとうございました。
皆様にとって来年がさらに良い年であります様に祈年いたします。
by tak-dc | 2005-12-29 21:04 | 診療日誌
雪!大雪!!
診療していてつくづく思うのは「失ったものは何と大きいか!できるなら時間を戻したい」です。
誰しも10代の時には28本健康な歯があったわけです。しかし健康な時にはその大切さには気づきません。それは歯に限らないことですが・・・。やがて50代、60代になってそれまでのツケのように歯を失い、膨大な時間と労力、費用をかけて修復をしたとしても決して生えてきた時の歯には戻りません。その時に後悔しても残念ながら手遅れです。天然の歯にはどうやったって敵いません、お手上げです。
ですから今苦しんで悩んでいる患者さんがその頃に戻れたなら、きっとこの次は歯を大事に、カリエスフリーを実行すると思うのです。バカな考えですが・・・。
by tak-dc | 2005-12-26 21:05 | 診療日誌
天気:晴れ
昨日は50代の男性にインプラントを2本植立しました。術前にレントゲンで決めていた場所は抜歯後の骨の治癒が不十分でまだ柔らかかったので、そこを避けて植立しました。インプラントを始めた頃はこのような予期せぬことに遭遇するとかなり焦ったものですが、200本以上の経験を積んできているので「この場合はこうすれば大丈夫だ」というバリエーションが増えて、判断が早くなって来ています。手術の時間も以前よりずっと短かくなっています。経験を積むというのは大事なことですね。
by tak-dc | 2005-12-20 21:07 | 診療日誌
インプラント
これから何回かに分けてインプラントについて私の考えを書いて行こうと思います。
インプラントと聞くと、「若いから関係ないや」とか思いません?
今日は30代の男性に1本インプラントを植立しました。下顎の第一大臼歯が歯根が割れて保存不可能となり、今年の8月に抜歯しました。通常であれば前後の歯を削ってブリッジとなるところですがこの患者さんはそれを嫌ってインプラントを選択されました。この先20年、30年を考えると非常に正しいことだと思います。ブリッジなどの歯冠修復物が口の中で「どのくらいもつか」を調査した結果ではおおよそ10年前後という調査結果が出ています。もちろん例外もありますが、新たにむし歯になったり、根が割れたりしてダメになってしまうことが多いのです。保険でブリッジができるのでそちらへ行きがちなのですが、中には今日の患者さんの様に自費でインプラントを選択される方も最近少なくありません。私が勧めているせいもあるでしょうが、価値観の問題だと思います。
by tak-dc | 2005-12-09 21:07 | 診療日誌
研修会
昨日は歯科のメーカー主催で実習付きの研修会に参加してきました。内容はモテモテのインプラントではなく、審美を重視した「むし歯」の修復治療法です。日常の診療で行っている基本的な治療ですが、目標とする質の高さが違いました。材料の進歩と先生の技術に感銘しました。治療を受けられた患者さんはきっとびっくりすると思います。本当にむし歯が消えて無くなったかのように治療できるのです。仕事が楽しくなります。講師は同級生で千代田区で開業されている有名な先生でした。
by tak-dc | 2005-12-05 21:09 | 診療日誌

患者さんの体験談、当医院の内外や盛岡市の出来事を不定期に更新しています。
by tak-dc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31